03-5207-2808 info@cgsao.com

CGS日記

日々の徒然なることを気ままに書いております

『決算診断』やってます!

CGS総合会計事務所では、クライアントのご要望に応じて『決算診断書』をご提供しております。

『決算診断書』は、会社の一年間の成績表であります損益計算書や貸借対照表について、財務健全性・財務安定性・収益性・生産性・成長性などの観点から企業の状態を分析したものです。

続きを読む

会計・財務を制する者は経営を制す!

当事務所では、後継の経営者様や経営幹部の方々に経営に役に立つ実践的な会計・財務の力を身につけていただくために『戦略的会計・財務力養成講座』を開催しております。

皆様それぞれ会計・財務に関するリテラシーは異なりますし、また、企業ごとに状況は異なりますので、それぞれの状況に応じたプログラムでマンツーマンでフォローアップさせていただいております。

続きを読む

ふるさと納税制度の利用状況が発表されました!

こんにちは、千代田区神田の税理士・公認会計士の馬場です。 昨日、総務省より平成27年度のふるさと納税の利用状況が発表されました。 昨年のふるさと納税額は1,470億円で、利用者数は129.5万人だったそうです。 一昨年のふるさと納税額が341.1億円で、利用者数が43.5万人でしたので、なんと納税額が4.3倍、利用者数が3.0倍と一気に増加しました!...

続きを読む

初の女性都知事誕生!

こんにちは、千代田区神田の税理士・会計士の馬場です。 先週末の都知事選で、小池百合子さんが当選しましたね。 前任者の問題が明るみになってから選挙期間中もいろいろとありましたが、何とか無事に都知事が決まって良かったです。 初の女性都知事ということですが、世界を見ればドイツ、韓国、イギリスなどなど既に女性が国政でリーダになっている国は多いですね。 アメリカも選挙結果によっては初の女性大統領が誕生する可能性がありますし。 何となく女性の方が安定的な政権運営をしているような感じがします。...

続きを読む

インバウンド市場、まだまだ好調!

こんにちは、千代田区神田の税理士・会計士の馬場です。 イギリスのEU離脱の国民投票から約1カ月ほど経ちました。 離脱の決定後は急速な株安と円高でどうなることかと思いましたが、ここのところ少しずつ持ち直してきたようですね。 20日に発表された日本政府観光局(JNTO)の統計データによりますと、訪日客はまだまだ増加しているとのことです。 今年の上半期の訪日客は1,171万4千人で初の半年1,000万人越えとなり、過去最高となったようです。 6月単月でも198万6千人となり6月としての過去最高を記録したようです。...

続きを読む

第4次産業革命が来る!

こんにちは、千代田区神田の公認会計士・税理士の馬場です。 最近、IoT(Internet of Things )、ビッグデータ、AIなどの言葉を耳にしない日が無いくらいになってきました。 これらの技術革新によって、人間の頭脳を超えるロボット、自動操縦できる車など、一昔前では空想上の世界でしかないと考えられてことが、現実に登場してきています。...

続きを読む

ものづくり補助金 2次公募の詳細

平成27年度補正「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募の詳細が発表されました。 今回の公募期間は平成28年7月8日(金)から8月24日(水)です。 採択予定件数は100件程度とのことです。 補助事業実施期間は11月中旬から12月31日までとなっています。 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2016/160708mono.htm...

続きを読む

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」(2次公募)が始まります

こんにちは、千代田区神田の公認会計士・税理士の馬場です。 先月「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の採択事業者が決定されましたが、今月より「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の2次公募が始まります。 募集は7月上旬からとなります。 詳細はこちらから。 前回募集できなかった方は、是非応募してみてはいかがでしょうか? CGS総合会計事務所は管理会計、創業支援、税務顧問、事業承継に強味を持つ税務・会計事務所です。 千代田区神田における税理士・会計士をお探しでしたらお気軽にお問合せください。...

続きを読む

役員報酬1億円以上が414人!

こんにちは、CGS総合会計事務所の公認会計士・税理士の馬場です。 東京商工リサーチの発表によりますと、平成28年3月決算の上場会社で役員報酬が1億円を超えている役員の数は、何と414人とのことです。 最近は、プロ経営者や外国人経営者が増えてきたので、一昔前に比べて高額な役員報酬もあまり違和感がなくなってきた感じがあります。 中小企業の場合、役員報酬は税制上、定期同額給与の縛りがあるのであまり高額設定出来ないのが実情です。...

続きを読む